2016年10月31日

しばき隊リンチ事件 時系列と参照先

● 事件分析連載記事 リンク
● 超まとめ・まとめ
● 時系列
● 原告側ツイログ
● 医師 KangKim 김 강 氏による所見
● 記事引用 『JAPANISM』31号 2016/6/10

11/19 「反差別と暴力の正体」(月刊 紙の爆弾 増刊) ←感想まとめ
http://togetter.com/li/1050121

● 事件分析連載記事 リンク
11/17 『反差別と暴力の正体』M君リンチ事件徹底検証──M君は何度も裏切られた
デジタル鹿砦社通信 http://www.rokusaisha.com/blog.php?p=16965

04-29 李信恵の謝罪文としばき隊のリンチ事件 - 「週刊実話」の記事訂正騒動
04-30 しばき隊リンチ事件の真実とデマの境界線の移動 - デマだ、名誉毀損だ
05-05 犯罪被害者の実名を晒した野間易通 - 神原元はなぜ制止しないのか
05-12 しばき隊リンチ事件の急展開 - 自供を始めた李信恵と辛淑玉文書の存在
05-16 身の毛もよだつリンチ地獄の実況録音 - 李信恵としばき隊による恐怖の制裁
05-18 辛淑玉文書とリンチ事件の隠蔽工作 - 被害者の組織防衛努力とそれへの裏切り
05-20 ニーメラーの警句と左翼のしばき隊化 - 30年代の二つの悪魔と欧州のリベラル
05-31 しばき隊の暴力と狂気 - 独善と倨傲、権力欲と支配欲のカルト集団
06-06 野間易通のTwアカウント凍結 - 凍結の理由と今後のしばき隊への影響
06-06 教祖の失脚 - 公共敵として市民社会から排除され隔離された野間易通
06-14 リンチ事件被害者に提訴された野間易通 - 野間敗訴は確実、さらに追い打ちも
06-15 主水事件の構図と訴訟 - 野間易通と辛淑玉の相克、第1弾の次は何か
09-13 党派性に埋没した辛淑玉 - 総括と裁定のステートメントだった辛淑玉文書
09-15 しばき隊優勢の意外な序幕となったリンチ事件裁判 - 裁判分離の策略と攻勢
09-19 しばき隊リンチ事件を整理する - 5月の経過を証拠資料と共に振り返る
09-21 しばき隊リンチ事件を整理する - 加害者側弁護士文書と責任の順序
09-26 しばき隊リンチ事件を整理する - 李信恵謝罪文の再検証、謝罪文と被害者M

● 超まとめ(ツイートお借りします)
https://twitter.com/makimakiia/status/739716869540569088
カウンターメンバーの在日数名が仲間の主水氏に暴力を。
1時間放置したまま飲み会を続けていた。
その後ネットで誹謗中傷をされ二次被害に発展しました。

● まとめ
しばき隊リンチ事件、鐘の音さんによる一連の流れの整理
「正義」を利用するな。
 主水裁判(しばき隊リンチ事件)を「人権」と「尊厳」から見つめる。

「しばき隊リンチ事件」検索結果

● 時系列(民事訴訟発表まで)主水氏以外、敬称略
2014 ---
09/14 主水氏と凡 ツイッターで延々と口論
11/02 東京大行進2014+「アフターパーティー」
11/02 主水氏と凡 凡への暴力とされるのは上記の打ち上げ時?
12/17 リンチ事件
12/18 エルネスト金 10am頃 主水氏へ電話、罵倒
12/18 野間易道 事件を知る
12/21 K3 有田議員、ジャーナリスト安田浩一、他1名に事件を告げる
12/22 コリアNGOセンター 事件聞き取り
2015 ---
01/06 2chに最初のリークが出る
01/10 辛淑玉 事件を知る
01/12 凡 twitter・Facebookアカウント削除
01/19 加害者弁護士 被害者弁護士に文書(弁償と慰謝等)
01/27 辛淑玉文書「Mさんリンチ事件に関わった友人達へ」
01/29 エルネスト金、凡 謝罪文
02/03 李信恵 謝罪文
03/28 男組 解散式(トップ他、事件後早期から関与あり)
03/29 エルネスト金 カウンターに参加(活動自粛を反故)
04/08 李信恵 被害者に一方的に活動再開通告
04/11 李信恵 twitter再開
04/27 エルネスト金 twitter再開
04/30 あらい商店 「エル金は友達やで」呼び掛け
06/07 凡 Facebook再開
06/12 凡 twitter再開
06/15 主水氏 自粛反故への抗議を文書で加害者弁護士へ
06/28 2chにほぼリンチ全容が書かれている
12/30 CRAC忘年会 野間易道、被害者弁護士、男組組長など対面
12/31 エルネスト金 twitter最終
2016 ---
03/01 エル金と凡が罰金、李信恵が不起訴
04/10 男組 再結成
04/28 週刊現代 リンチ事件記事(夜 一部訂正
04/29 世に倦む日日 李信恵 謝罪文 公開
04/29 野間易道 被害者の氏名と所属を暴露、挑発ツイートを始める
05/11 録音音声 一部公開 李信恵 録音を本物と認める
05/13 主水氏弁護士 録音書き起こし 公開
05/16 主水氏弁護士 男組LINE 公開
05/16 凡 twitter停止※ 7/10.11、9/27.28にツイ
05/18 辛淑玉文書 公開
05/18 金明秀(関西大学教授) 被害者に脅し
05/24 主水氏 野間易道に対し、プライバシー侵害、名誉棄損の損害賠償請求を提起
05/27 KangKim(医師) 公開画像からの所見
05/30 主水氏弁護士 受傷写真、男組LINE2、加害者弁護士からの文書一部 公開
06/03 世に倦む日日 エルネスト金、凡 謝罪文 公開
06/08 主水氏 野間に対する損害賠償請求提訴を発表
06/09 主水氏弁護士 声明
07/11 主水氏 加害者5人に対する損害賠償請求提訴を発表

2014年1月以降の詳細(カウンター活動ほか)

● 原告側ツイログ
高島弁護士 http://twilog.org/BarlKarth
主水氏   http://twilog.org/VENOMIST666
裁判支援  https://twilog.org/m_saiban

● KangKim 김 강 氏による所感
暴行による負傷状況
5/27 https://twitter.com/SleipnirAtNet/status/736084240266186753
加害者Eに関する所感
6/05 https://twitter.com/SleipnirAtNet/status/739397247880724480

●『JAPANISM』31号 2016/6/10
在日三世@3korean カウンター内リンチ(十三ベース事件)、戦慄の真相
李の裁判期日後の「打ち上げ」の飲み会で、2014年12月17日0時42分、上記した在日3名およびカウンター側同席者2名関係者(合計5人)が酒宴をしていた北新地の飲食店に、凡が被害者を「今から来る根性あるか?」という挑発的文言とともに電話で呼び出す。

被害者が店内に入った途端、李は話も聞かずにいきなり被害者の顔面を殴打しており、このことが契機となって、エル金は、屋外で被害者に対し、1時間以上にわたって、60発以上もの殴打と罵倒を浴びせた。この間、凡も一度被害者の顔面を平手でたたいている。 http://i.imgur.com/xuQC5fk.jpg
被害者は、鼻骨骨折、頸部挫傷等の被害を負った。

エル金、李は、SNSによる発信は停止した。凡だけは発信を続けた。

2015/01/12
凡もTwitterおよびFacebookのアカウントを削除
しかし、李はヘイトスピーチに関する複数回の講演活動は通常通り行う。
その場での本リンチ事件の言及は一切なし。


2016.06.22 「カウンター」側からの記事
ネット上で話題となっている十三ベース事件(?)についての私・山口祐二郎の見解
※「ライター」を名乗りながらろくに調べていない、事件の重大さを軽少化する意図がまる見えの屑記事。ただし「カウンター」がこんな低レベルのことを言っている見本として紹介。


posted by Eric at 00:00 | Comment(0) | 番外:しばき隊リンチ事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。